実習・研修内容
【離島・へき地医療学講座が関連している実習】
 離島・へき地医療学講座では、以下の学生実習を行っています。離島ならではの実習というよりも、地域医療が離島ではコンパクトにまとまっており、見渡し易いという特性を生かした、地域医療実習になっています。
1.長崎大学医学部5年生の離島医療・保健実習
 ポリクリと呼ばれる臨床実習の一つとして実施されており、1週間離島に滞在して、医療・保健・福祉といった地域医療の要素を実習します。医学生全員が離島実習を受けていることになり、長崎大学医学部の特徴とも言えます。また、保健・福祉の実習では、長崎大学歯学部や薬学部と共修します。
2.長崎大学医学部6年生の高次臨床実習
 離島の中核病院に、希望する学生が4〜5週間滞在して行う医療の臨床実習です。大学病院では学び難い、コモンディジーズやプライマリケアを中心に実習するプログラムであり、毎年20名前後が選択する、人気の高い実習となっています。
3.長崎大学医学部 地域枠学生を対象とした離島ゼミ
 長崎大学には、長崎県出身者(長崎県内の小学校・中学校・高等学校のいずれかを卒業した者)で地域医療を志した学生が応募する入学枠である地域枠があります。この地域枠で入学した学生には、他の学生よりも多くの地域医療教育の機会を設けるべきと考え、離島ゼミ(1年〜3年)を開催しています。医療についてだけではなく、地域の生活や文化、そして地元の方々とも接するプログラムを行っています。
4.長崎大学歯学部5〜6年 離島医療・保健実習
 長崎大学歯学部の全学生も、1週間離島に滞在し、歯科診療・保健・福祉の実習を行っています。保健・福祉の実習では、医学部や薬学部と共修します。
5.長崎大学薬学部薬学科6年 離島医療・保健実習
 薬学部薬学科の希望者に対して、1週間離島に滞在し、薬学・保健・福祉の実習を行っています。保健・福祉の実習では、医学部や歯学部と共修します。
6.福岡大学医学部3年 離島医療・保健実習
 福岡大学と長崎大学は教務協定を結んでおり、福岡大学の実習として希望者に、長崎県の離島で実習を行っています。
7.福岡大学医学部6年 高次臨床実習
 福岡大学と長崎大学は教務協定を結んでおり、福岡大学の実習として希望者に、長崎県の離島で実習を行っています。
【具体的な実習内容】
実習施設
※クリックすると拡大して表示されます。
 医療  中核病院  中核病院の機能、二次医療圏、病診連携、病病連携等について学ぶ事を目的とします。
  ・外来予診
  ・外来見学
  ・各種検査見学
  ・院内回診見学
  ・救急外来見学    等
 地域病院
 診療所
 地域に密着した医療を学びます。
  ・外来見学
  ・訪問診療
  ・出張診療
  ・予防接種    等
 保健  市町村  地方自治体の保健業務について理解を深めます。
  ・健康増進活動・健康講話
  ・健診業務、健診後指導
  ・介護保険訪問調査   等
 保健所  保健所の業務について理解を深めます。
  ・保健所業務説明
  ・精神保健
  ・症例検討    等
 福祉  デイサービス  介護保険の仕組みを知り、そのサービスの一つであるデイサービスについて学びます。また、送迎時に高齢者の生活を体感します。
  ・食事介助
  ・入浴介助    等
 特別養護
 老人ホーム
 介護保険の仕組みを知り、そのサービスの一つである特別養護老人ホームについて学びます。介護度の高い高齢者の介護について、老人ホームと病院の関係について知る事もできます。
 訪問看護  介護保険の仕組みを知り、そのサービスの一つである訪問看護について学びます。在宅での看護や介護が必要な方の自宅での生活、介護者の意見などについて学びます。
 訪問介護  介護保険の仕組みを知り、そのサービスの一つである訪問介護について学びます。在宅での看護や介護が必要な方の自宅での生活、介護者の意見などについて学びます。
 歯学  歯科クリニック  実際に開業されている歯科クリニックで実習を行います。「将来に開業するときのイメージや、必要な技能などが体感出来た。」との意見が多く聞かれます。
 薬学  病院薬剤部  病院で実際に薬剤が処方される現場を見ることが出来ます。また、院内の薬剤部の業務全般を見学します。
  ・外来見学
  ・院内調剤(内服・注射)
  ・服薬指導 など
 調剤薬局  調剤薬局の業務を実習します。また、薬の配達など、へき地ならではの業務を体験することもあります。
  ・調剤実習
  ・服薬指導
  ・配達
 その他  小・中学生交流事業  離島の小・中学生に、医師・歯科医師・薬剤師の仕事の説明、大学生活の紹介などを行い、交流するとともに、将来の医療者を目指す人を増やすことを目的としたものです。