業    績 − 平成23年度
前のページに戻る
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
離島・へき地医療学講座
平成23年度業績報告
離島・へき地医療学講座
教授 前田隆浩
講師 中里未央
助教 関田孝晴
 平成16年5月1日、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科に長崎県と五島市による寄附講座「離島・へき地医療学講座」を開講し、離島での活動拠点として長崎県五島中央病院内に「離島医療研究所」を設置した。この研究所を活動拠点として、主に地域医療教育と離島医療に関する調査・研究を行い、離島・へき地医療向上への貢献を目指す。
【教育活動の領域】
1. 「離島医療・保健実習」の実施
 本県の特色である離島をフィールドとした「離島医療・保健実習」を、長崎大学医学部医学科5年次生の必修カリキュラムである臨床実習の一環として平成16年度より導入した。この実習は、社会医学実習と総合診療科実習の一部を統合して再構築したカリキュラムで、長崎大学医学部5年生全員が15グループに分かれ、各々のグループが長崎県離島に滞在し、5日間にわたって保健・医療・福祉について体験実習を行う地域包括ケアに関する教育プログラムである。離島・へき地医療学講座が全体的なマネージメントを行い、総合診療科、公衆衛生学教室と共同で担当する。
 平成16年度は五島市の施設のみで担当していたが、平成17年度には新たに新上五島町と小値賀町の施設に参加してもらい、加えて平成19年度からは対馬市の施設が参加している。平成23年度は平成23年6月4日から平成24年3月1日にかけて、対馬コース12名、上五島コース32名、下五島コース61名の合計105名の医学部5年生に対して離島医療・保健実習を実施した。
【「離島医療・保健実習」の大学担当と教育担当施設及び代表者】
1) 担当
講 座・教 室 名 代 表 者 名
 総合診療科  大園 恵幸
 公衆衛生学  青柳 潔
 離島・へき地医療学講座  前田 隆浩
 薬学部薬学科 病院薬学  塚元 和弘
 歯学部歯学科 卒前・卒後歯学臨床教育  山邉 芳久
 歯学部口腔保健学  齋藤 俊行
2) 教育担当施設
施 設 名 代 表 者 名
 長崎県五島中央病院  神田 哲郎
 長崎県富江病院  津野 至孝
 長崎県奈留病院  津田 俊彦
 聖マリア病院  梅木 公子
 長崎県上五島病院  八坂 貴宏
 有川医療センター  八坂 貴宏
 長崎県中対馬病院  村瀬 邦彦
 長崎県対馬いづはら病院  糸瀬 薫
 医療法人 山内診療所  宮崎 昭行
 五島市国民健康保険三井楽診療所  松園 和久
 五島市国民健康保険玉之浦診療所  山下 貴知男
 五島市国民健康保険伊福貴診療所  瀬尾 幸
 五島市国民健康保険久賀診療所  津田 脩
 小値賀町国民健康保険診療所  大住元 秀明
 豊玉診療所  升木 行雄
 長崎県五島保健所  後藤 尚
 長崎県上五島保健所  後藤 尚
 長崎県対馬保健所  緒方 敬子
 五島市健康政策課(保健センター)  吉谷 清光
 五島市長寿介護課  川端 久章
 新上五島町健康保険課  富永 重利
 対馬市福祉保健部 健康保健課  仁位 孝良
 五島市社会福祉協議会  野原 寅男
 聖マリアの園 久賀島デイサービスセンター  中村 リリ子
 新上五島町社会福祉協議会  森藤 敏幸
 幸生会 特別養護老人ホーム“わたづみ”  津屋 秀則
 訪問看護ステーション“鐙瀬”  塩塚 和子
 訪問看護ステーション“福江”  柿森 悦子
 あすか福祉会 あすか訪問看護ステーション  横尾 恒夫
 サポートセンター“ゆうなぎ”  入江 善充
 小規模通所授産施設“ふれあい”  片山 伸子
 地域活動支援センター“きらり”  築城 洋二
 地域活動所“いろえんぴつの家”  原 節子
 福江薬局濠前店  菅原 正典
 あおかた調剤薬局  山中 國暉
 こまき歯科医院  小牧 憲明
 近藤歯科医院  近藤 勝則
 よこやま歯科医院  横山 顕一
 岐宿町国保歯科診療所  溝口 勝令
 五島医師会  浦 繁郎
3. 高次臨床実習
 長崎大学では5年次の臨床実習に続く6年生の臨床実習として「高次臨床実習」を平成16年度より開始した。これは学生自らが再度実習を受けたい診療科を選択し、長期間(4〜5週間)にわたってハイレベルな臨床実習を行うもので、平成17年度から上五島病院、五島中央病院で、また、平成22年度からは対馬いづはら病院と中対馬病院においても実施できるよう整備した。平成23年度には五島中央病院で6名、上五島病院で6名、対馬いづはら病院で2名の計14名の6年生に対して高次臨床実習を行った。
  内科(系) 外科(一般) 整形外科 合計(人)
 五島中央病院 5 1   6
 上五島病院 3 3   6
 対馬いづはら病院 1 1   2
 中対馬病院        
合  計(人) 9 5 0 14
4. 医学ゼミ
 長崎大学医学部の地域枠入学生を対象として、医学科1年次生10名、2年次生12名、3年次生7名に、3泊4日の医学集中ゼミを五島市において実施した。
  〜地域枠入学生〜
  1年次生: 石井拓馬、近藤翼、中村俊貴、野口将司、村橋志門、柳田育孝、山下彩
  2年次生: 荒木まり江、稲田明穂、江端由穂、近松元気、遠山志穂、中村明日美、中村朋香、
原万怜、本多貴一、山口真利奈
  3年次生: 石田智士、植田真由、小笹聡一郎、川口雄史、木谷聡一郎、澤田詩朗、志方真妃、
新谷亮祐、野田恵佑、森光舜、山下魁理、渡辺春香
5. 他大学医学生の実習受け入れ
 本学が整備した地域医療人教育フィールド(五島市、対馬市)において、他大学からの医学実習生を平成18年度より受け入れているが、平成23年度は下記表の通り22名の医学生に対して長崎県離島での地域医療教育を行った。
福岡大学 8
順天堂大学 5
徳島大学 1
筑波大学 8
東京慈恵会医科大学 2
合    計 22
6. 他学部生の実習受け入れ
 また、平成19年度より長崎大学薬学部生を対象とした「離島医療・福祉・保健実習」を開始し、平成20年度から長崎大学歯学部生を対象とした「離島歯科医療・地域保健福祉実習」を開始した。平成23年度は、薬学部生21名、歯学部生47名(5〜6年生)を受け入れ、主に保健と福祉分野において医学部5年生との共修を行った。
7. 第5回長崎家庭医療集中セミナーIN GOTOの開催
 主に家庭医療、総合医療に興味を持つ全国の医学生や研修医を対象に、日本の家庭医療の発展に寄与し、離島やへき地での地域医療に貢献できる医療人の育成を目指し平成18年に開始した集中セミナーである。
1) 場所:さんさん富江キャンプ村(五島市富江町)
2) 日時:平成23年8月6日(土)〜8月8日(月)
3) 参加者:11名(医師1名、研修医3名、医学生7名)
4) 内容:講義、実技練習、特別講演、五島市長表敬訪問、五島市医療施設の見学ツアー
(1) 講義
 「家庭医療の理解」(佐野 潔、森町家庭医療クリニック)
 「腹部エコー入門」(中里 未央、長崎大学離島・へき地医療学講座)
 「アメリカ緩和医療」(萩原 裕也、サウスダコタ大学)
 「よくある皮膚疾患の診方」(山本 憲嗣、山本皮膚科医院)
 「整形外科のプライマリ・ケア」(木寺 健一、長崎大学病院)
 「訪問診療のノウハウ」(中桶 了太、保健・医療推進センター)
 「ガイドラインに基づくファーストエイド」(長谷 敦子、長崎大学病院救急部)
 「急性腹症の診断と治療」(八坂 貴宏、長崎県上五島病院)
(2) 特別講演
 「アメリカで家庭医となるには、その実際」(萩原 裕也、サウスダコタ大学)
(3) 実技練習
 「腹部エコーの実際」
 「超リアル!高機能シミュレーターを使った緊急対応」
 「眼底鏡・耳鏡を使った診察」
 「婦人科内診、乳房診察」
 「基本的外科手技」
 「シーネ固定の実際と膝関節穿刺法」
(4) 中尾郁子五島市長表敬訪問
(5) 医療施設見学
 長崎県五島中央病院、山内診療所
5) 指導者
 
 阿部 航  大分大学地域医療センター・准教授
 安城 菜緒  ウェルチ・アレン・ジャパン株式会社
 井上 悠介  長崎県五島中央病院・医師
 牛尾 俊光  ウェルチ・アレン・ジャパン株式会社
 浦 繁郎  五島医師会・会長
 太田 宗平  東芝メディカルシステムズ株式会社
 川添 薫  長崎総合科学大学電気電子工学科・准教授
 神田 哲郎  長崎県五島中央病院・病院長
 木寺 健一  長崎大学整形外科・助教
 相良 尚彦  五島市議会議員
 佐野 潔  森町家庭医療クリニック・所長
 関田 孝晴  長崎大学離島・へき地医療学講座・助教
 辻尾 慶太郎  ウェルチ・アレン・ジャパン株式会社
 中尾 郁子  五島市・市長
 中桶 了太  長崎大学へき地病院再生支援 教育機構・准教授
 中里 未央  長崎大学離島・へき地医療学講座・講師
 永田 康浩  長崎医療センター・外科医療
 長谷 敦子  長崎大学病院救命救急センター・准教授
 萩原 裕也  サウスダコタ大学・Clinical Assistant Professor
 浜脇 清市  五島医師会・事務局長
 前田 隆浩  長崎大学離島・へき地医療学講座・教授
 宮崎 昭行  医療法人山内診療所・所長
 八坂 貴宏  長崎県上五島病院・病院長
 山下 和範  長崎大学救急部・助教
 山下 義文  聖マリア病院・医師
 山本 憲嗣  山本皮膚科医院・院長
 吉谷 清光  五島市健康政策課・課長
6) 協力:五島市、五島市議会、五島医師会、長崎県五島中央病院、長崎県上五島病院、聖マリア病院、森町家庭医療クリニック、山内診療所、長崎総合科学大学、サウスダコタ大学、国立長崎医療センター、大分大学地域医療センター、山本皮膚科、東芝メディカル株式会社、ウェルチ・アレン・ジャパン株式会社
8. 受入学生数のまとめ
  H16
年度
H17
年度
H18
年度
H19
年度
H20
年度
H21
年度
H22
年度
H23
年度

長崎大学医学部
1年生
         5  5  10  10  30
長崎大学医学部
2年生
         6  5  5  12  28
長崎大学医学部
3年生
             5  7  12
長崎大学医学部
4年生
           1      1
長崎大学医学部
5年生
 96  108  80  102  110  92  113  105  806
長崎大学医学部
6年生
   5  12  9  15  18  16  14  89
長崎大学薬学部        79  85  5  7  21  197
長崎大学歯学部
5・6年生
         5  41  62  47  155
他大学      9  15  32  29  11  22  118
家庭医療集中
セミナー
     31  26  33  26  30  14  160
合   計  96  113  132  231  291  222  259  252  1596
9. 教育関連講演会・研究会の開催と発表
1) 離島医療教育研究会・施設訪問
  「離島医療・保健実習」をより充実したものとするため、長崎大学担当者と指導担当者、そして学生の意見交換の場として対馬市で離島医療教育研究会を開催し、五島市、新上五島町、小値賀町の実習施設訪問を行った。この研究会・施設訪問ではレポートやアンケートからまとめた学生の意見を指導担当者に提示し、逆に指導担当者の学生や実習に対する意見を集約した。
 
日  時 開催場所 対  象 参加者数
平成23年6月10日 長崎県中対馬病院 対馬市教育担当者 23名
平成24年2月17日 長崎県五島中央病院 五島市教育担当者 35名
平成24年3月16日 長崎県上五島病院 新上五島町教育担当者
小値賀町教育担当者
15名
【学術・研究の領域】
1. 学術・研究活動
  1) 学術論文・著書など(→添付資料参照)
    @ Nakazato M, Maeda T, Emura K, Maeda M, and Tamura T: Blood folate concentration analyzed by microbiological assay and chemiluminescent immunoassay methods. J Nutr Sci Vitaminol 58, 59-62, 2012
    A 関田孝晴、中里未央、江村康佑、前田隆浩、緒方健志、津野至考、千早啓介、池田秀樹、太田幹也、神田哲郎:同地区で発症した日本紅斑熱の2症例、日本病院総合診療医学会雑誌第2巻 第1号、118-119, 2011年10月
    B 中嶋弥穂子、荒木良介、中里未央、前田隆浩、白濱敏、八坂貴弘、神田哲郎、大園恵幸、青柳潔、塚本和弘、畑山範:長崎県五島列島での医薬共修による地域医療実習の実践 臨床薬学37巻8号 457-465、2011年10月
    C Nakazato M, Takamura N, Kadota K, Yamasaki H, Mukae H, Kusano Y, Nakashima K, ozono Y, Aoyagi K, Kohno S, and Maeda T: The association between atherosclerosis and plasma homocysteine concentration in the general population residing on remote islands in Japan. ACTA MEDICANAGASAKIENSIA 55, 47-54, 2011
    D Nakazato M, Maeda T, Takamura N, Wada M, Yamasaki H, Johnston KE, and Tamura T: Relation of body mass index to blood folate and total homocysteine concentrations in Japanese adults. Eur J Nutr Jan 8, Epub, 2011
    E Hirai M, Kadowaki N, Kitawaki T, Fujita H, Mkaori-Kondo A, Fukui R, Miyake K, Maeda T, Kamkihira S, Miyachi Y, and Uchiyama T: Bortezomib suppresses function and survival of plasmacytoid dendritic cells by targeting intracellular trafficking of toll-like receptors and endoplasmic reticulum homeostasis. Blood 117, 500-5009, 2011
  2) 学会発表、講演活動(シンポジウム、パネルディスカッション、フォーラムを含む)
    @ 「卒前地域医療教育:現状と展望」前田隆浩、平成23年度奈良地域基盤型医療教育フォーラム、2012年3月11日、奈良県立医科大学厳橿会館3階大ホール
    A 「離島で展開する地域医療教育〜効果的実践教育と共修、一貫教育を目指して〜」前田隆浩、  離島へき地医療人材育成シンポジウム〜5年間の活動とこれからの地域人材育成を考える〜、2012年3月9日、鹿児島大学医学部鶴陵会館大ホール
    B 「トライアスロンレースで発症した運動誘発性肺水腫の1例」中里未央、関田孝晴、松坂雄亮、千住憲彦、池田秀樹、前田隆浩、第4回日本病院総合診療医学会、2012年2月11日、岡山大学創立五十周年記念館
    C 「五島・長崎を開発フィールドとした訪問看護支援システム『suisuiNURSE』」、中里未央、関田孝晴、白髭豊、田中義人、下島真、岩永大樹、久松龍、佐藤康彦、前田隆浩、第31回日本医療情報学連合大会inKagosima、2011年11月23日、鹿児島サンロイヤルホテル
    D 「医学教育者の立場」前田隆浩、地域医療フォーラム2011パネルディスカッション「地域医療の課題に対するこれまでの取組」、2011年9月18日、秋葉原ダイビル
    E 「離島で学ぶ専門職連携教育」前田隆浩、青柳潔、齊藤俊行、塚元和弘、第43回日本医学教育 シンポジウム1「Inter Professional Education」、2011年7月22日、広島国際会議場
    F 「家庭医療集中セミナー参加者における総合医マインドの解析」中里未央、関田孝晴、門田耕一郎、安武亨、前田隆浩、萩原裕也、佐野潔、第43回日本医学教育学会、2011年7月23日、広島国際会議場
    G 「学生主導型ヘルスプロモーション実習の取り組み」関田孝晴、中里未央、前田隆浩、齊藤俊行、中嶋幹郎、塚元和弘、青柳潔、大園恵幸、第43回日本医学教育学会、2011年7月22日、広島国際会議場
    H 「卒前、卒後における地域医療実習の効果の比較」高橋優二、中桶了太、中里未央、関田孝晴、前田隆浩、調漸、第43回日本医学教育学会、2011年7月23日、広島国際会議場
    I 「離島での地域医療連携の試み」前田隆浩、田中義人、患者の視点に立った医療データ分析に関する研究シンポジウム(テーマ:医療情報分析におけるニーズと課題)、日本医療情報学会課題研究会、2011年7月12日、コクヨホール 東京品川
    J 「地域連携を目指した全学的な取組を受けて」前田隆浩、第2回プライマリ・ケア連合学会 シンポジウム1「地域医療教育関連講座の現状と今後の展望」、2011年7月2日、ロイトン札幌
    K 「動脈硬化関連遺伝子の多型解析」中里未央、関田孝晴、江村康佑、草野洋介、高村昇、青柳潔、前田隆浩、日本生理人学会第64回大会、2011年6月11日、九州大学大橋キャンパス多次元デザイン実験棟
  3) その他への発表(→添付資料参照)
    @ 「業務省力化と主治医との連携に役立つ“suisuiNURSE”」
コミュニティケア Vol.14、No.01 165号、2012 January、p63〜67
    A 「広がる『デジタルヘルス』消費者向けサービスも登場」
健康情報「2011年春」第47号、2012年3月、p33
  4) 教育マニュアルの作成、教育法の開発、事業報告書(→添付資料参照)
    @ 「長崎五島列島発 家庭医療のすすめ2011」
    A 「平成23年度 離島医療・保健実習 医・歯・薬合同学習要項」
  5) 研究費の獲得
    @ 日本学術振興協会 基盤研究(B)(代表)
関連遺伝子群によるリスク評価と環境因子から追及する動脈硬化の生理的多型性
    A 日本学術振興協会 基盤研究(B)(分担)
島嶼地域住民における口腔と全身健康状態の相互関連性に関するコホート研究
    B 日本学術振興協会 若手研究(B)(代表)
葉酸摂取量から見た食習慣が及ぼすホモシステイン・動脈硬化への生理的多型性の検討
    C 日本学術振興協会 挑戦的萌芽研究(代表)
離島地区における滞在性ビタミンB1欠乏症の状況と動脈硬化疾患の関連
    D 厚生労働科学研究(地域医療基盤開発推進研究事業)(分担)
都道府県へき地保健医療計画策定支援とその実施に関する研究
  6) 講演活動など (→別紙【講演・講義など】参照)
  7) 学術賞の授賞
    なし
  8) 特許、実用新案等
    特許権名称:新規ヒト形質細胞様樹状細胞株
出願年月日:2005年8月
番号:特願2005-234389
  9) 具体的活動内容
    @ 地域疫学研究
      五島市の基本健康診査と連携して一般住民のデータとサンプル704検体を収集し、生活習慣病(動脈硬化を含む)に関連する因子の血中濃度や下記の遺伝子多型との関連を解析した。
        1) Methylenetetrahydrofolate Reductase; MTHFR (rs1501299)
  2) Adiponectin (rs1801133)
  3) Histone deacetylase 4; HDAC4 (rs3791398)
  4) Carbohydrate kinase-like; CARKL (rs465563)
  5) Inhibitor of differentiation-3; ID3(rs11574)
  6) Connexin37(rs1764391)
    A 共同研究
      主に五島市を研究フィールドとして医・歯・薬統合研究を展開している。薬学部との共同研究としては主に血漿中チオール化合物に関する研究を、歯学部との共同研究としては歯周病と動脈硬化に関連した研究を行った。
    B 医学教育研究
      医学教育研究としては、長崎大学医学部5年生が抱く離島医療に対する意識調査を行い、この意識が「離島医療・保健実習」前後にどのような変化が生じるのかについて、平成22年度に引き続きアンケート調査を行った。
2. 医療活動
  1) 医療
      地域医療への貢献を目的として、下記の医療機関へ診療応援を行った。
長崎県五島中央病院、長崎県上五島病院、長崎県富江病院、有川医療センター、五島市健康保険三井楽診療所、医療法人山内診療所、五島市国民健康保険久賀診療所、
  2) 基本健康診査
      五島市が行う基本健康診査へ診察医として協力した。
【組織運営の領域】
1. 大学教育におけるカリキュラム作成とその実施に係る活動
  1) 平成23年度「離島医療・保健実習」
      医学部医学科5年生を対象とした地域医療と社会医学の統合実習
  2) 平成23年度「離島医療・保健実習」
      歯学部6年生を対象とした離島歯科医療と地域保健福祉実習
【社会貢献の領域】
1. 学会等における評議員としての活動
氏名・職名 学 会 名 役   職
 前田隆浩・教授  日本医学教育学会  評議員
 前田隆浩・教授  日本生理人類学会  評議員
 前田隆浩・教授  日本病院総合診療医学会  評議員
 中里未央・講師  日本生理人類学会  評議員
2. 視察への対応
1) 平成23年9月7日 質の高い大学教育推進プログラム状況調査(現地調査)
2) 平成24年1月13日 宮崎県立日南病院、宮崎県立延岡病院視察
3) 平成24年2月8日 文部科学省大学改革推進室神宮補佐視察
3. 国や地方自治体等における審議会・委員会委員としての活動
氏名・職 委員会等名 関係機関名
 前田隆浩・教授  五島地区肝炎対策委員会  五島保健所
 前田隆浩・教授  長崎県油症対策委員会委員  長崎県
 前田隆浩・教授  五島中央病院倫理委員会委員  長崎県五島中央病院
 前田隆浩・教授  新型インフルエンザ対策協議会委員  五島保健所
 前田隆浩・教授  五島保健所地域・職域連携推進協議会  五島保健所
 前田隆浩・教授  医師試験委員  厚生労働省
 前田隆浩・教授  医療提供体制のあり方検討委員会委員  五島市
 前田隆浩・教授  医療対策・診療報酬等対策協議会委員  長崎県医師会
 前田隆浩・教授  五島中央病院治験審査委員会委員  長崎県五島中央病院
 前田隆浩・教授  長崎県離島振興懇話会  長崎県
 前田隆浩・教授  医道審議会専門委員(医師分科委員)  厚生労働省
 前田隆浩・教授  長崎県離島振興懇話会委員  長崎県
 前田隆浩・教授  五島市保健対策推進協議会委員  五島市
 前田隆浩・教授  医学教育のあり方特別委員会 地域医療教育特別委員会  日本医学教育学会
 前田隆浩・教授  五島中央病院群研修管理委員会  長崎県五島中央病院
 前田隆浩・教授  医師国家試験出題基準改定部会委員  厚生労働省
 前田隆浩・教授  長崎県医師臨床研修協議会幹事会  長崎県
 前田隆浩・教授  長崎県保健医療対策協議会 離島医療部会委員  長崎県
4. 地域医療への貢献
  (診療応援) 長崎県五島中央病院、長崎県富江病院、長崎県上五島病院、
    五島市国民健康保険三井楽診療所、五島市国民健康保険久賀診療所、
    医療法人山内診療所、有川医療センター
【広報活動など】  別紙参照
前のページに戻る